あの漫画の名シーンが・・・!

こんにちわ。日本マンガ塾です。

今回はマンガ界にとって大きなニュースが舞い込みましたのでご紹介!

なんと漫画の名シーンをNFT化するプロジェクトがスタートしたのですっ!

NFTとは

最近よく耳にするNFTですが、NFTとはNon-Fungible Tokenの略で日本語では「非代替性トークン」と呼ばれています。

・・・日本語なのによく分からない。

とても簡単にいうとNFT化されたその作品の所有者になれるということです。

なんでも、とあるNFTに約3億円の価値が付いたこともあるとか・・・・。スゴイ・・・・。

Manga Fragments(マンガフラグメント)

そんな話題のNFTですが、この度マンガ界にもその動きが出てきました。

そのプロジェクトが「Manga Fragments Project」となっております。

Manga FragmentsとはMyAnimeListのコミュニティが命名した、漫画コマNFT及びデジタルグッズの名称です。

”漫画コマの新しいデジタル表現への挑戦”をテーマに、世界中のマンガファンに新たなデジタルファンアイテムを提供しています。

もし手に入れることができたら、あなたはあんな名シーンこんな名シーンの所有者になれるということです。

第一弾は「北斗の拳」

そんなManga Fragmentsの記念すべき第一弾は、不朽の名作北斗の拳

そのなかでも今回は漢の死に様シリーズとして

南斗六聖拳にスポットを当てております。

た・・・たまらん。南斗六聖拳といえば、シン、レイ、ユダ、シュウ、サウザー、ユリアと北斗の拳のなかでもとびきりキャラの濃い濃い・・・。

私はなかでもサウザーファンです。「でかくなったな小僧」は一度でいいから言われてみたい・・・。

 

逆に一度は言ってみたい!「退かぬ 媚びぬ 省みぬ!」

 

そんな彼らの名シーンである漫画コマがこの度NFT化され2021年10月12日に販売されました。

・・・ただもうすでに完売とのこと(2021年10月17日時点)

これは今後も目が離せませんね。

北斗の拳なら全コマいける気もしますし。

「ブタをかっているのか?」のシーンとか欲しいです。そのほかにも名シーンは数え切れません。

 

今後が気になるNFTアート

なんでもすぐに検索できちゃう現代だからこそ、そのアートに価値を付けるのはとても難しいと思っていました。

ただそれが今回NFTという形で所有者としての価値をもたせるというのは、現代ならではの発想で斬新だなと思いました。

これでまた漫画界が盛り上がっていきそうでワクワクします。

 

>マンガ専門の学校「日本マンガ塾」

マンガ専門の学校「日本マンガ塾」

21年間で連載作家35名、デビュー者55名、受賞者100名以上! マンガ家デビュー率NO.1の実績を誇るマンガ専門の学校『日本マンガ塾』 東京 秋葉原でマンガの描き方を学ぼう!

CTR IMG