ワンポイントレッスン「どアップのコマを描いてみよう!!」

こんにちはマンガ塾です✨

今日はマンガで大事な「ショット」について少しだけお話します!

 

「ショット」ってなんだろう?

カメラで写真を撮る時、撮りたいものをうまくフレームに収めようとしますよね。たとえば、被写体全体がうまく収まるようにしたり、または強調したい部分(顔とか)がはっきり映るように、胸から上だけが入るようにしたり……

このようにカメラで一枚の写真を撮ること(映画などでは同じ構図のひと続きの場面)などを「ショット」と呼びます。

 

ショットにはいろいろな種類がある

  

「ショット」にはいろいろな種類があります。

  • バストアップ…胸から上
  • フルショット…全身
  • ロングショット…その人が立っている場所

たとえば、画像だと、左の女性は「バストアップ」なので表情がよく見えます。
彼女がどんな感情でいるのかが伝わってきますね。
それに対して、右側の走っている男性は「フルショット」です。
全身の動きを見ることができるため、一生懸命走っている様子が伝わってきます!

 

さまざまな大きさでコマの中に人物を描くことによって、読者にとってどんな部分が印象にのこるかが変わってきます!

 

どアップのショットとは?

「どアップ」とは、そのまんまですが、ものすごいアップのことです!
マンガでは、多くの場合は口や目のアップになります。

  • の場合は…その目が何かを見て、驚きの感情などを表している
  • の場合は…口元で表現される感情。ニヤッとわらったり、悔しげにゆがめられていたり

※ここで紹介しているのは一例なので、ほかにも沢山の「どアップ」ショットがあります🎵

 

どアップのショットは、一部分しか映っていないために「全体はどうなっているんだろう?」という興味を惹きます。そのため、マンガでは次のページをめくらせるための最後の1コマ(「メクリ」と呼びます)に使われることも多いです。

 

 

↑こちらの画像は、少年の目のどアップでページが終わっています。
「何を見て驚いているんだろう?」と読者が引き込まれます🎵

 

 

どアップのショットを使うと、読者の興味をグッと強く引くことができますね!!

ぜひ、マンガを描く時に使ってみてください♪

日本マンガ塾体験入学

プロのマンガ家による授業で絵がうまくなるポイントがわかっちゃう!

オンライン体験入学で日本マンガ塾の授業を体験できます。
誰でもどこからでも、無料で参加OK🎵

>マンガ専門の学校「日本マンガ塾」

マンガ専門の学校「日本マンガ塾」

23年間で連載作家38名、デビュー者56名、受賞者100名以上! マンガ家デビュー率NO.1の実績を誇るマンガ専門の学校『日本マンガ塾』 東京 秋葉原でマンガの描き方を学ぼう!

CTR IMG