ワンポイントレッスン「動物の顔を描くコツ!」

こんにちは日本マンガ塾です✨

動物が描けたらかっこいいですよね! でも描いてみると難しくて挫折しちゃうこと、あると思います(私はそうでした…😹
実は犬や猫などの動物を描くのには、コツがいるんです……!!

動物を描くのはどうして難しい?

人間のキャラクターならスラスラ描けるひとでも、動物を描くとうまくいかないことが多いです。
その理由は……

  1. 骨格が違う
  2. 関節が違う
  3. 全体のシルエットが違う

まとめると、人間キャラと比べて「描きなれてない」から難しいと言えます😀

 

 

さっそく動物の顔を描いてみよう!

習うより慣れろ! ということで、犬の顔を描いてみます。

骨格が違うので、アタリも人間キャラとは変わってきます。
ポイントになるのは頭の形! 後頭部に、かなり奥行きがあるのがポイントです。

 

鼻が前にくる

また、犬や猫などの鼻は前にでっぱっています。
この鼻と口元のラインは、シュッと「反る」ような線になるのがポイントです。

 

耳を生やそう

さいごは耳を生やす位置です。
後頭部をうしろに長くとった後、その後頭部と首の付け根のあたりに耳を描きます。
描いてみるとわかるのですが、思ってるよりもかなり後ろがわになります。
こうすることで、犬らしいシルエットの顔になるのですね!

 

観察してマネてみよう!

イヌやネコなど、普段描いている人間キャラとちがう生き物は、いつもの手癖が通用しないことがあります。
そういう時は、写真などをよく見て、マネして描くのがポイントです✨✨
慣れるまでは先入観を捨てて、見たままの形を描いてみてください😀

 

日本マンガ塾体験入学

プロのマンガ家による授業で絵がうまくなるポイントがわかっちゃう!

オンライン体験入学で日本マンガ塾の授業を体験できます。
誰でもどこからでも、無料で参加OK🎵

>マンガ専門の学校「日本マンガ塾」

マンガ専門の学校「日本マンガ塾」

21年間で連載作家35名、デビュー者55名、受賞者100名以上! マンガ家デビュー率NO.1の実績を誇るマンガ専門の学校『日本マンガ塾』 東京 秋葉原でマンガの描き方を学ぼう!

CTR IMG