卒業生の竹内友先生【ボールルームへようこそ】第63話!

【ボールルームへようこそ】第62話!!

マンガ塾の卒業生、竹内友先生の【ボールルームへようこそ】第63話が月刊少年マガジン1月号に掲載中です!

「呪われた試合なのでなるべく観たくない」という多々良でしたが、蔵内さんの提案で仙台グランプリの中継を観戦することに________。

 

画面には圧倒的存在感を出し、フロアを輝かせる兵藤たち。「どうして鎌倉に来てまでこんなものを見せられないといけないんだ」と暗くなってしまう多々良。

が、すぐに頬を叩き我に返り、前を向く。

 

 

そして真剣に観戦し、ダンサーたちの違いや工夫に気づく。

“纏う空気の厚み” “オーラ” “デザイン”

蔵内さんの言葉に納得し考える__。身長で目立たなくてもフロアで存在感を出す猫渕たちに勇気づけられる___。

 

 

蔵内さんの国内戦グランプリに出場したことがないという話題から、天獄さん、鈴鹿姐さんの進路の話へ______。

そこで問われる多々良の進路。夢____。

 

人間らしい多々良の一挙一同、気持ちに読者も揺さぶられること間違いなしの回です。そこから直ぐに自分の気持ちを認め、切り替えられる多々良は凄くカッコイイ。なかなか多々良のようにはなれない、真っすぐできれいだ、と痛感いたしました。

 

皆さんも是非、本誌にて蔵内さんや天獄さん、鈴鹿姐さんの進路、その想いをチェックです!!

 

>マンガ専門の学校「日本マンガ塾」

マンガ専門の学校「日本マンガ塾」

22年間で連載作家36名、デビュー者56名、受賞者100名以上! マンガ家デビュー率NO.1の実績を誇るマンガ専門の学校『日本マンガ塾』 東京 秋葉原でマンガの描き方を学ぼう!

CTR IMG