卒業生&講師が原作を担当!【なんじゃが】第41話!

【何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?】最新第41話!!

卒業生で講師でもある井出圭亮先生が原作をつとめる大人気リスポーン大河、【何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?】第41の紹介です!

なんと!!今週の『週刊ヤングマガジン』は【何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?】が大感謝巻頭カラー!!!!!!圧巻です!!!!!!!✨

 

 

__________別の来訪者は徳川家康だった。そして、かなり信長に対しラフに絡む。さすが大物…..キャラが濃い…..!!!!!

 

______キャラが濃いのは殿だけに非ず……??!!!!!!

殿が殿であれば、その家臣も家臣である!家康家臣の本多忠勝。彼も濃い!!!!!そして家康との掛け合いも絶妙…..まさしくナイスコンビです….!!!!(笑)

 

 

密談で信長は、出羽米沢の伊達輝宗を傘下に加えるために信長自身が奥州に発とうと話す。この作戦の中に隠れた信長の意図に気づく家康………………..。その意図とはいったい______________??!!!

 

そして信長が家康に頼み、渡したモノとは______________??!!!

 

今週も新キャラに、今後の展開、登場人物の掛け合いと盛り沢山な【何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?】。特に信長と家康のゆるくてカワイイ面白シーンと、二人の真剣な武士の密談シーンのギャップが最高です!!!!この最高な温度差、鼻水です……!!!是非皆さんも本誌で要チェックです✅

【何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?】最新刊4巻も発売中!!!!!!!!!!!!

>マンガ専門の学校「日本マンガ塾」

マンガ専門の学校「日本マンガ塾」

21年間で連載作家35名、デビュー者55名、受賞者100名以上! マンガ家デビュー率NO.1の実績を誇るマンガ専門の学校『日本マンガ塾』 東京 秋葉原でマンガの描き方を学ぼう!

CTR IMG