好評連載中!【復讐―硝子の絆―】

【復讐ー硝子の絆―】がめちゃコミックにて好評連載中!

本作のネーム作画、さたん先生は日本マンガ塾の出身。
そのほかに日本マンガ塾も編集として携わっているほか、本作にはマンガ塾の卒業生が背景スタッフなどに関わっています!

【復讐ー硝子の絆ー】とは

 

【物語】
主人公・あゆみが通うスポーツジムに、突如としてイケメン男・圭介が新たな会員として現れた。女性会員たちは彼に夢中。だが、圭介はなぜか多くの女性の中からあゆみをデートに誘う。しかし、それは圭介の罠だった。あゆみは薬を盛られてあられもない姿にされてしまう。
そして圭介は、自分の「復讐」を手伝うようにと要求してくるのだった――……

 

タイトルの意味 「復讐」

本作の1話を読んだ状態では、なにが「復讐」なのか謎めいていましたが…
2話目の後半から、一気に話の方向性が見えてきます!

1,2話ではあゆみが圭介に騙されて罠に落ちるまでが描かれていて、
3話から物語が動き出す形になります。

1話冒頭。
モテモテの圭介に対し、積極的にアピールする勇気はないものの
つい気になってしまうあゆみ。

圭介にデートに誘われ、まさか私が?と思いながらも
つかの間の幸せをたのしみます。

ところが……

2話目で、圭介が本性をあらわす!

実は圭介は過去にあゆみと面識がありました。
彼はあゆみの他にも復讐をしたい相手がいて、そのための道具として
あゆみを利用しようと思っていたのです。

タイトルの意味②「硝子の絆」

本作では、あゆみと圭介の奇妙な縁……
まさに、「硝子の絆」と呼ぶべき脆くも奇妙な関係性も魅力的です。

圭介の脅しによって、強制的に「共犯関係」にさせられるあゆみ。
「加害者と被害者」として出会いますが、彼に憧れていたのも事実……。

3話、4話と読み進めていくと、さらにあらゆる意味でトンでもない展開になっていき……
ドキドキすればいいのか、警戒すればいいのか!?
いち読者としても、ふたりの行く末が気になってきます。

ぜひ3話まで読んでみてください!

惜しいのは、ここまでの魅力が分かるには3話、4話まで読まないといけない点です。
いくつかのレビューでも指摘されていますが、
無料公開分の1,2話では本作のエンジンはまだまだ温まっていません!

ふたりの危険な関係性や、復讐の発端となった過去など……
本筋が見えてくるのは3話目以降となります。
ぜひ3話まで読んでみていただきたいです!


日本マンガ塾の制作部

日本マンガ塾ではマンガ制作もおこなっています。

卒業生で一定の実力が認められた方はストーリー・キャラクター・仕上げなどの
各分野でそれぞれ作品に携わることができます。
マンガの仕事をして報酬をもらいながら技術を高められる、
日本マンガ塾独自の仕組みとなっています!

マンガ塾の授業や卒業後について詳しく知りたい方は
【オンライン体験入学】の個別相談にて先生になんでも質問してみてください♪

オンライン体験入学を見てみる!

 

>マンガ専門の学校「日本マンガ塾」

マンガ専門の学校「日本マンガ塾」

21年間で連載作家33名、デビュー者53名、受賞者100名以上! マンガ家デビュー率NO.1の実績を誇るマンガ専門の学校『日本マンガ塾』 東京 秋葉原でマンガの描き方を学ぼう!

CTR IMG