コース紹介|日本マンガ塾

日本マンガ塾の
新しいマンガ教育

オンライン授業 × 登校授業

2020年4月、新型コロナウイルスの流行により「新しい教育の形」が求められるようになりました。日本マンガ塾では、新たに開設したオンライン授業と従来の登校型授業を組み合わせることで、「Withコロナ」と教育内容の充実を両立します。令和の時代の新しいマンガ教育の形です。

3週間のオンライン授業+1週間の登校授業

オンラインなら自宅にいながら本格授業

オンラインなら自宅にいながら本格授業

講師の手元をじっくり見られる

講師の手元をじっくり見られる

オンラインなら自宅にいながら本格授業

質疑応答時間やオンライン個別相談にて分からない所をすぐに質問できる

選べる5つのコース

プロ養成科

  • 登校+オンライン
  • 2年卒業制
  • 2時間授業5科目

3週間のオンライン授業(5科目)と1週間の登校授業(5科目)を受けます。プロになるために必要な5科目を2年間学び、個別相談、学内作品審査会、編集者審査会を通して最短でのデビューを目指す、日本マンガ塾のメインコースで、最もデビュー・連載者が多いのもこのコースです。

プロ養成科の詳細

プロ養成オンライン科

  • オンライン
  • 2年修了制
  • 2時間授業5科目

プロ養成科の3/4を占めるオンライン授業を受講します。オンライン個別相談や学内作品審査会、編集者審査会にも参加。マンガ塾に通えなくても本格的な授業を受けられる、新しいコースです。

プロ養成オンライン科の詳細

土曜科

  • 登校+オンライン
  • 2年修了制
  • 2時間授業3科目

週に一度、土曜日に、登校授業とオンライン授業を通して学びます。2年間でプロ養成科の1年分の課題を履修します。個別相談と学内作品審査会、編集者審査会にも参加可能。平日は仕事や勉強をがんばりながら、マンガも妥協したくない方におすすめのコースです。

土曜科の詳細

土曜オンライン科

  • オンライン
  • 2年修了制
  • 2時間授業3科目

土曜科の3/4を占めるオンライン授業を受講します。個別相談と学内作品審査会、編集者審査会にも参加し、作品をブラッシュアップ。忙しい方でも、週に1日、ご自宅でマンガを本格的に学べる、新しいコースです。

土曜オンライン科の詳細

通信コース

  • 自宅学習
  • 1年間30課題

年間30課題の添削とDVD教材を通して、マンガの描き方を基礎から学びます。マンガ塾の授業エッセンスがぎゅっと詰まった課題に取り組みつつ、分からないところやオリジナル作品の悩みは個別相談で解決! 自分のペースで確実に実力アップできるコースです。

通信コースの詳細
※新型コロナウイルス感染者数状況により登校授業はオンライン授業で対応する場合もあります

新しい学習スタイル
「オンライン授業 × 登校授業」

日本マンガ塾の授業が、オンラインと登校を組み合わせた新しい形になりました。全体の3/4をオンライン授業、残りの1/4を登校授業の形式で学びます。Withコロナの環境変化の中でも安心して学習を続けられる日本マンガ塾が提案する新しい授業の形です。

3週間のオンライン授業と1週間の登校授業を合わせて1ターム

オンライン授業

対象コース:
プロ養成科土曜科プロ養成オンライン科土曜オンライン科

全体の3/4の授業をオンライン形式で受けます。プロ養成科は基礎コース(1年生)、専門コース(2年生)それぞれ平日に2日ずつ集中して学びます。土曜科は土曜日で3科目を学びます。授業後にはオンライン個別相談(要予約)もでき、オリジナル作品や授業の疑問を解消できます。

プロ養成科1年生の履修パターン

プロ養成科1年生の履修パターン

土曜科1年生の履修パターン

土曜科1年生の履修パターン
※各科目の実施時間は実際と異なる場合があります

会議アプリケーションを利用した授業

会議アプリケーションを利用した授業

オンライン授業には、会議アプリケーションを利用します。講師の手元や描画ソフトの画面を共有し、個別で質問したい時はブレークアウトセッションで他の生徒には聞こえないように話をするなど、わかりやすく受講しやすい授業を追求しつづけています。

見逃し配信

見逃し配信

授業に出席できなかった方のために、履修者には授業録画を毎週配信しています。講義内容はもちろん、共有していた講師の画面やその場の会話などがそのまま体験できます。

登校授業

対象コース:
プロ養成科土曜科

全体の1/4にあたる登校週には、対面でないと実施できない内容を厳選・凝縮した登校授業を行います。また、登校時の個別相談で制作中のオリジナル作品などについてじっくり相談できるのも、この登校週になります。

登校週の時間割パターン例

登校週の時間割は原則、
オンライン週と同じです。

授業内容の特徴

  • 3週間の間で分からなかったことの質疑応答
  • 授業課題の個別講評
  • オリジナル作品のプロット・ネーム相談
  • 下描き、仕上げチェック

登校週には、直接顔を合わせるからこそ行える授業を中心に実施していきます。

過去の授業例
  • トーンを削る講師の手元を観察し、カッターの持ち方から学ぶ
  • 塾生同士でアタリを交換し、仕上げる
  • 人間のモデルをスケッチ(こちらは不定期開催となります)

登校週の個別相談

登校週の個別相談

オンライン週・登校週いずれも、個別相談(要予約)が受けられます。1回30分で、作品のことから作風について、将来についてなど、何でも何度でも相談可能です。

登校時の個別相談では、編集者との打ち合わせにより近い形で講師と話し合いながらオリジナル作品をブラッシュアップしていきます。

自習室の開放

自習室の開放

登校週には、自習室を利用して作品制作をすることができます。マンガ塾のPCや画材も自由に使えるほか、マンガ図書室から自由にマンガを借りて読むこともできます。

※状況によって自習室の利用を制限することがあります。

提携校紹介

マンガ・イラストサポートスクール
中高生の方向け

マンガ・イラストサポートスクール

KTCおおぞら高等学院で、屋久島おおぞら高等学校卒業のためのサポート授業を受けながら、連載作家・デビュー輩出率トップの日本マンガ塾のサポートによるマンガ・イラストの描き方技術を学ぶコースです。

九段日本語学院マンガコース
留学生の方向け

九段日本語学院マンガコース

九段日本語学院とのコラボレーションによって実現した、外国人の方々に向けた日本語とマンガ技術のダブルスクールです。日本中で愛される日本マンガのキャラクターの描き方、背景、他の技術を伝えることにより、より日本マンガのすばらしさ、深さを伝えていきます。

SNS

ページトップへ戻る